子供に見せたいサッカー素人メモ帳ー小学一年生用メニュー整理と思考法

★ 小学一年生用メニュー整理・思考整理




下の記事の一部抜粋

日本のサッカーは難しいのだ。難しいことをやりたがる癖がある。それを選手が美徳にしているフシがある。技術レベルの上昇に伴い、難しいルートを技術を駆使して抜けていくことに快感を求める選手が増加した。色気づいてしまった感じだが、その謙虚さに欠ける邪念を見逃さないのが現代サッカー。その洗礼を浴びる機会を増やさないと、日本のサッカーの病気は直らない。



✪系統1 ドリブル


★ドリブルは3種類ある 
①「抜く」ドリブル⇒『守っている相手』を仕掛けて抜くドリブル
②「かわす」ドリブル⇒『ボールを奪いに来る相手』をかわすドリブル
③「運ぶ」ドリブル⇒『フリーエリア』でボールを運ぶドリブル 

✪ドリブルのポイント
①相手の『ディフェンスエリア』に入らないこと
②『相手の両足が伸びてくる範囲』を避けて使うこと
③抜いてすぐにボールタッチして、キープを継続すること


✪「トリッキーな系統の動き・フェイント系の動き」は早い時期から繰り返す。
無意識で使えるレベル、動きの中で勝手に使えるレベルまで体に覚え込ませる。
のちのちの「運動神経の発達・体の使い方の発達」に強く影響する。

 1●シザーズ      (抜く)
 2●オコチャダンス   (抜く)
 3●マルセイユルーレット(抜く)
 4●マシューズ     (抜く)
 5●エラシコ      (抜く)


 6●ヒールリフト    (抜く)
 7●ファルカン     (止まってから抜く)
 8●ダブルタッチ    (かわす)
 9●クライフターン   (かわす)
 10●プルプッシュV・ビハインド(かわす)

✪『ボールタッチ(トラップ)』とドリブル


   ⇒ルックアップを癖付ける
   ⇒ボールコントロールし続けるために必要以上に蹴らない


   ⇒ドリブルで「ボールを運ぶ足首先の部位」を状況で使い分ける
   ⇒ドリブルを運ぶのは、原則(1)インステップ(親指・つま先)
               (2)アウトサイド(小指)
   ⇒ドリブルの方向転換は、 (1)インサイド
               (2)アウトサイド
                (3)足裏


    ⇒ボールをキープした際の選択肢について     
    ⇒①ドリブル
    ⇒②キープ&パス    
    ⇒③ダイレクト
      のどれかに行動制限
    ⇒④クリアキック  ⇒行動制限である程度まで禁止とする
    ⇒⑤無意味なキック・敵へのパス ⇒行動制限で完全禁止とする
    (④・⑤はドリブルとパスを選択しない癖ができてしまう)


✪系統2 蹴り方の種類(13種類+3種)とパス

    

・パス練習等で、パスを受ける前等に『首を振ってスポットや敵味方全員の位置をなるべく把握』する動作を、『癖』として習慣化させる    

    ●インステップ(甲の出っ張った骨・足は斜めにする・足首まっすぐ伸ばす)
    ●インフロント(親指付根)
    ●インサイド
    ●アウトフロント(小指付根)
    ●アウトサイド

    ●トゥー
    ●ヒール
    ●チップ
    ●ループ
    ●シャベウ
    
    ●足裏
    ●インステップサイド(インステップとインサイドの中間辺りの骨で蹴るーパスetc)
    ●ラボーナ
    


    ●足裏バック&ラボーナ
    ●ヒール&ラボーナ
    ●インステップラボーナ=軸足裏側クロスorパス=インステッ(クリスチャーノ・ネイマールetc)



✪系統3 スローイン・シュート・ゴールキックコーナーキックフリーキック・スタートサークルキック

   


    ●スローイン
スローイン - Wikipedia
現代サッカーに欠かせない「スローイン」の役割と基礎知識 | サカイク
footballhack


    ●固定キック(左足・右足のインステップ)
     ・ゴールキック
     ・コーナーキック
     ・フリーキック
     ・スタートサークルキック


    ●変動キック(飛んできたボールに対してシュート)
     ・ワンタッチ
     ・ダイレクト
     ・ボレーシュート(左足・右足―浮き球、高い球、速い球、バウンド)
     ・ヘディングシュート・ジャンピングヘディングシュート

✪インステップの蹴り方の初期固定練習

●蹴り足を前に出す(3歩キックの一例)⇒「タッ(軸足)・タッ(蹴り足)・タッ(軸足)ドーン(蹴り足キック)」
●ボールに向かって走らない⇒軸足を置く位置に向かって走る
●キックを強くする⇒テークバックが必要⇒蹴り足のかかとを上げる⇒膝と太腿をテークバックするという捉え方で教える
●「軸足をボールの横に置く動作」と「蹴り足と反対側の手を横に出してバランスを取る動作」と「膝と太腿をテークバックする動作」をほぼ同時に実行させる
●「蹴り足と反対側の横に出した手」と「ボールを蹴った足」を腰の辺りでねじることで体重をボールに乗せる
●チップキックの場所をインステップで蹴る⇒弾丸キックの感覚を覚えさせる方法のひとつ

✪系統4 トリックフェイント


  1  キックフェイント
      ●静止から足止めチップキック⇒次のファーストタッチ
      ●静止から足止めパス⇒次のファーストタッチ
      ●静止から足止めシュートキック⇒次のファーストタッチ

  2  シングルボディフェイント

  3  ダブルボディフェイント

  4  トリプルボディフェイント

  5  メッシ系ボディフェイント
      ●静止から『ボディ+片足』サイド踏込(外側・内側)
      ●静止から上体左右揺らす

  6  ネイマール系レッグフェイント
      ●静止から片足ブラブラ
      ●静止からボールタッチサイドダンス(4回)
      ●静止からボール上でインサイド・アウトサイド高速連続空振り(左・右)
      ●静止から空振りステップオーバー(左・右―ボールは両足の横にある)
      ●静止からラボーナ空振り(左・右)

            

✪系統5 ボールタッチ

    
        
  ボールタッチ・ボールマスタリー・ジンガ

    ●プルバック・インステップ
    ●プルバック・インサイド
    ●プルバック・アウトサイド

    ●プルバックV・ウォーク・イン
    ●プルバックV・ウォーク・アウト
    ●プルバック・プッシュV・イン
    ●プルバック・プッシュV・アウト

    ●プルバックエラシコ
    ●プルバックV・ビハインド


✪系統6 リフティング

    


●ワンバウンドさせてインステップキックを左右交互→20分位させ続ける
⇒連続100回
(ボール下の真ん中を蹴る・真上に蹴る・上半身の高さ程度に上がるように当てるだけ)
プルバック足甲乗せ上げてキャッチ(リフティング0回目=リフトアップの練習)
●リフティング開始
(3回⇒5回⇒10回⇒30回⇒50回⇒100回⇒1000回)


リフティング3カ所+5カ所(8種リフティング)
●ヘディング・左右肩・胸・(あえて左腕右腕ハンド)←3カ所
●左右太腿・インステップ・インサイド・アウトサイド・ヒール←5カ所


●足首ボールクラッチプルバックから挟みチャレンジ)⇒リフティング開始
●足首・太腿裏ボールクラッチ(ワンバウンドから挟みチャレンジ)⇒リフティング開始
●両太腿ボールクラッチ(ワンバウンドから挟みチャレンジ)⇒リフティング開始
●片膝・胸ボールクラッチ(ワンバウンドから挟みチャレンジ)⇒リフティング開始


●ネックキャッチ(ワンバウンドから挟みチャレンジ)⇒リフティング開始


アラウンド・ザ・ワールド(インから)
アラウンド・ザ・ワールド(アウトから)

ヒールリフト(左右50回⇒合計100回)

http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=uiOyZZsXyLEj3hChle7g_.3T5HjSZWTibzNJlktM2_6qG5zLOja0b2djMJlKRcxAvq5r7TLvyp4qOqxJaJ4PwJnvhwv9AL.QNl87VZIp4WxVO3M3UY3TdOFTZxjDIF9VDyhKn8.SuTdURdTC9hUE&sig=13afeldvs&x=225&y=225

サッカーメモ帳

1✪ボールにたくさん触れるための行動パターンの大原則

●相手ボール保持者の前までダッシュして近付くこと

この大原則を覚えさせることで結果的にゲーム中にたくさんボールに触れる機会が生まれる、この指示をしないと余程足が速い子供・積極的な子供でない限り近くにボールが転がってきたとき以外は動かない『ゲームウォッチャー』になっていることが分かる。
⇒実際は、この指示を出しても、消極的な子供は「疲れる」という理由で動かない。あまりボールを奪うことにも興味もない。
①年齢の上昇を待つか(身体能力の上昇を待つor身体能力を向上させるメニューを意図的に増加させるか)
②1対1等の練習を増やして「奪い取る&抜き去る」動作を向上させ当たり前の動作として身に付けさせるか
③ガツガツできない子供を無理に上達させようとするのは、子供にとって『残酷』か……


2✪ポジショニング(スローインコーナーキックゴールキックの3つ)


●大原則①⇒ボールを取りに行くとき・セットに入る時までにフィールドの様子を見て誰にボールを渡すか検討をつけておく


●大原則②⇒ポジショニングの際は、ボールから目を離さない。首を振って周囲を見回し、敵味方の全員の位置をなるべく把握しておく。


大原則③ゲーム一時中断後の攻撃時行動原則
   ⇒①「相手のゴール側」でボールを受ける
    ②『相手の前』に立つ(状況によっては後ろに立つ)
    ③フリーエリアを見つけておく


大原則④ゲーム一時中断後の防御時行動原則
   ⇒①「自分のゴール側」で相手をマークする
    ②『相手の斜め後ろ』に立つ(ゴール方向を向かせないようにする)
    ③フリーエリアに移動しようとしている相手を見ておく(点を決めようとしている相手を見ておく)

FCサッカー観戦記ブログさんからの一部抜粋転載記事


中学生(ジュニア.ユース)になると、最終的には大きな
  3つの大会
を目指す事になると思います。
①『高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
 ⇒参加チーム:クラブチーム&部活チーム
②日本クラブユース(U-15)サッカー選手権大会
 ⇒参加チーム:クラブチームのみ
全国中学校サッカー大会
 ⇒部活チームのみ


●U-15の日本No.1を決めるのが
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
この大会は、どのチームでもエントリー出来るってわけじゃなく、高円宮杯U-15地域リーグか県リーグにエントリーしていないと出場する事が出来ません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...