Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

障害者という人々(家族・他害行動・認知症・性衝動)


<生後2カ月女児死亡>「障害ある子、悲観して刺した」と母

毎日新聞 2014年5月19日(月)12時47分配信) というニュースが以前にありました。

概要は、”本日午前3時過ぎ、生後2カ月の女児が腹を刺されているのが発見された。30代の母親は障害を持つ次女の将来を悲観して次女を殺して自分も死のうと思ったと話している。母親は夫や次女ら子ども3人の計5人で暮らしている。母親から連絡を受けた次女の祖母が110番通報した”
というものです。(※女児が本当に障害児だったかどうかの真偽は不明のようです。)

キーワードは「障害」「午前3時過ぎ」「母親は夫と子供3人の5人家族」などかな。

http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=kbXJNqoXyLEFt.Z3wKqH3fcz0ct6O6ErIPE4jGx27ll9Bfqgakr.tZ.xGUauX.0KMrtmGYP4bRmRNGEQLtbhLA1Z5qDWEOgQrUUOBLDklN4UEnh4mCryKNafKBwMkdYi8Gds0PUHvEMVojHiog--&sig=138ib5b64&x=126&y=170


★障害者の人生と障害者の家族の人生

障害は繊細な問題です。軽度なものから本当に重度なものまであります。今回も問題も本当に繊細な部分は、家族にしか分からないでしょう。

母親の性格はどうだったのか、精神状態はどうだったのか、健康状態はどうだったのか、父親の性格はどうだったのか、精神状態はどうだったのか、健康状態はどうだったのか、勤務環境はどうだったのか、家庭の経済状況はどうだったのか、月収はどうだったのか、他の2人の子供に障害はあったのか、祖父母のサポートは得られる環境だったのか、母親の友人付き合いや近所付き合いはどうだったのか・・・など

数え挙げればきりのない繊細な部分は誰にも分かりません。当事者である母親や、その夫である父親だけが感じていたであろう繊細な部分は本当のところ誰にも分からないと思います。

僕の次男は仮死状態で生まれており、元気に育っていますが、障害児となることを一時真剣に覚悟しました。長男は元気な子供でしたが、別の事情で小学校入学前に亡くなっています。

障害については小学校、中学校などと昔を思い返すと、全盲の生徒・車イスの生徒・知的障害の生徒・頭部肥大の知的障害の生徒・毛髪がまったくない生徒などがいました。ある生徒は小学校のある時期で見かけなくなり、ある生徒は中学校で見かけなくなり、高校では外見からわかる障害の生徒は見かけませんでした。それぞれ、無事高校や大学に進学したのかも知れませんし、養護学校に進んだり、入院したり亡くなったりしたのかどうか詳細は分かりません。

そして学校という社会的共通体験のある種守られている時期を過ぎて、成人に到達してから彼らがどういう人生を歩んでいるのかはまったく分かりません。彼らの家族がどのような心境で生活しているかも私には分かりません。もし彼らが生存していれば私と同じように30代後半の年齢に到達しているはずです。どのような毎日を生きているのでしょうか。彼らの人生の詳細を細部にいたるまで想像できる正しい想像力は私にはありません。


★障害者の人生の終焉のいくつかの形

私自身が、20代半ばに個人的関心から、仮死状態で産まれ重度障害となりほとんど寝たきりだった娘が20歳で死亡したという母親の講演を聞きに行ったことがあります。その方が書いた本も購読しました。講演や本の中では娘を失った悲しみや愛情が綴られていました。 下記の本が当時に購入した本です。ところで、20歳で娘が死亡したことは悲しみでしょうか、安堵でしょうか。その中身は、本当のところは、その家族の内心に繊細に包み隠されているでしょう。

この娘さんは、仮死状態で産まれたところまでは僕の次男と一緒です。仮死状態で産まれる子供は結構いるようですね。知人でも「仮死状態で産まれたって親に聞いてる」という人に数人出会ってます。

寝たきり少女の喘鳴が聞こえる

寝たきり少女の喘鳴が聞こえる

対照的に、次のようなこともありました。知人ではありませんが、顔だけ知っているある母親が37歳になる障害のある娘を殺害しました。娘さんの障害の程度は分かりません。施設に預けており、一時帰宅したときに、殺害しました。その母親は60代半ばだったと思います。



いずれ、厳しい障害への向き合い方は、

・『何かしらの責任感または絶望感から自らの手で殺害する』
・『子供が息絶えるまで愛情を失って責任感だけで世話をし見守る』
・『子供が息絶えるまで愛情をもって笑顔で世話をし見守る』
・『子供の将来に不安を抱きながら70年、80年と生き続け子供を残し寿命を迎える』

といったようないくつかの形を迎えると思います。もっと複雑かもしれませんが。 なお、周囲のサポートの程度や当事者家族の精神状況、経済状況、公的扶助は本当に様々で、個々人の精神的負担はそれぞれまったく違うと思います。


★障害児兄弟姉妹の声、他害行動(他人を傷つける)障害児の兄弟姉妹の声、障害児の親

こういったものは当事者の声を聴かないと分かりようがないですが、下記の「子供が障害児、二人目を産みますか」の質問解答欄には多くの兄弟姉妹の声が寄せられています。読むのに5時間くらいかかったような気がします。他人を傷つける他害行動がある障害児だと特にひどいようです。色々と考えさせられました。でも、本音の意見がいろいろと見られ良い発展性が感じられました。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/1026/153473.htm

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0722/670548.htm?g=05

障害をもつ子を産むということ―19人の体験

障害をもつ子を産むということ―19人の体験


(下記文章は下のリンク記事内文章です。)
『ひどい話ですが、自然死で娘が死ぬ方法はないか、と考えたこともありました。娘を連れて、「どうかこの子が死にますように」と神社へ願かけに行ったこともありました。』



認知症介護についてのブログ記事さん


このブログさんの記事が実感が湧く感じだったので文章抜粋させてもらいます。
(文字赤字変換7✪)

今日は去年死んだ祖母の一周忌だとかで家に親戚がくるというので、苦手な人たち相手に余計な気苦労をしたくない私は、早朝からネットカフェにこもっていた。


生きてたときになんもしてこなかった親戚を招いて坊さんに金使うくらいなら、生きてた頃の祖母に使えばよかったのだ。
認知症の祖母の面倒を丸投げされていたのは私と母で、本当に思い出したくもない日々だったし、介護中は正直いつまでこんなことを続けなきゃいけないのか、と思っていた。


認知症の老人はただぼうっと大人しいわけじゃなく、動けると徘徊するし目が離せない。
癇癪をおこして非常に暴力的になったりもする。

私も物を投げつけられたことがあるし、徘徊して外に出てしまったので暴れる祖母を引きずりながらひとりで部屋に連れ戻したこともある。
そういう老人相手の介護って、意思の疎通も無理だし、子供みたいに小柄なわけでもないから、本当にこちらが負傷するリスクが普通に高い危険な作業だ。
そういう作業を休みもなく祖母が死ぬまで延々と続けなければならない、と思うと本当に絶望感しかなかった。

お金があれば老人ホームに預けたり介護も外注できるが、金がないと地獄だ。


そんな苦労をこっちに丸投げしとして、葬式やこういう事後行事だけは、ろくに面倒も見てこなかった父やその親戚が我が物顔で思い出語りするなんて、むかっ腹しか立たない。
父が介護費ケチってたのを知ってるだけに、外ヅラばかり気にしてこういう見栄ばかりはりたがるのが、本当にシラける。


てなわけで、スーパーで食べ物を買い込んでネカフェに9時間もいたのだけれど、漫画も読まずにYouTubeなどで宝塚の動画などをぼーっと見ていた。

僕は、仕事で暴れる障害者やアル中患者や認知症患者の相手を長期間に渡ってすることがあります。もうこれは障害の程度と当事者の振る舞いと金銭的な余裕で変わってくるのですが、家族の心境は様々で身内を心配する人もいれば、「早く死んでくれ」と強く思っている家族も珍しくはないと思います。アル中も結構大変で暴れたり、廃人のようになったりするので、「早く死んでくれ」と家族みんなで自然死を願ったり本気でするようです。(毎日毎日何年も怒鳴られたり殴られたり財産を食いつぶしたりの積み重ねがあるから。)

僕自身は舌癌と脳梗塞で寝たきりの祖母を中学生の時に自宅介護しましたが、痰とり、大便小便、特に思春期での祖母の性器の拭き取りは何とも言えない作業でした。しかし、認知症と違い、他害行動や徘徊はなく、人格がしっかりしたまま死んでいったので良い死に方でした。人格が崩壊して動物化した身内の世話は、体験した人にしか語れない絶望感があると思います。


★障害者の性衝動を記録した本

僕が大学生の時に、学園祭で男子トイレに行ったときのことですが、車いすの50歳くらいの男性に「トイレまで運んでくれ」と言われて、先輩と二人で運んであげたのですが、「性器を出してオシッコを出すのを手伝ってくれ」といったことを言われ、とても嫌な気持ちと仕方ないかという複雑な気持ちになりながら、その男性の性器をつまんでオシッコを手伝いました。特にお礼も言われず、嫌な気持ちのまま、何とも言えず汚いので手を綺麗に洗ってから学園祭に戻りました。昔の出来事ですが、印象が強烈に残っています。

自分の障害者意識と補助される権利みたいなものを振りかざす障害者は苦手だなぁと感じました。

http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=lfbS0R8XyLF95OYGOr.lFYz3CXD0CnbEZpGYDfBCzkJG8C38tvynWTbjuxJn__0FSUxT3..33oC_J9APR..LvVKMeoEIBHwiOTvJKrxaI8lbNQZLRdn64SheOTBC1O72N0Ks8knAoHonsVdYdw--&sig=138ne0j4h&x=170&y=130

最近、障害者の性衝動についての本を2冊読んだので紹介してみます。

セックスボランティア (新潮文庫)

セックスボランティア (新潮文庫)

こちらの本は障害者の性を追ったノンフィクションです。結構、一気に読めました。人間の3大欲求は「食欲・睡眠欲・性欲」です。障害者も食べます。障害者も寝ます。障害者も性欲があります。障害者のマスターベーションを男性の介護士が補助し、手でしごく(障害者は手がマヒして使えないから)といった記述には僕は素直に驚きました。また、酸素ボンベをつけていなければいけない高齢障害者が、障害者用風俗では「死んでもいい」からと酸素ボンベを外す話もあります。障害者の性について「神様はいじわるよね。彼のような人にまで、性欲を与えるなんて」という一種の的を得た言葉もあります。実際、この本は障害者の性をテーマにしながら、障害者の人生を深くえぐっている良い作品だと思います。

私は障害者向けのデリヘル嬢

私は障害者向けのデリヘル嬢

こちらの本は、実際に障害者専門の派遣型デリヘルサービスを行っていた女性の著書です。この女性は普通にOLとして勤務していましたが会社の倒産と家族の金銭援助を受けられないなどの状況に困り、最初にソープで働きます。その後、障害者専門のデリヘルで働きます。最終的には、昼間の仕事に戻ります。その間に、派遣型デリヘルサービスで見た障害者の姿を素直に読み易く描いています。障害者の部屋は汚い(体が動かないので)、口が臭い(マヒで歯磨きができない)、家族公認で家に呼ぶ障害者もいれば、完全に秘密で介護者に頼みこんで仲介してもらって性的サービスを受ける人もいる。その中で、恋愛とか結婚とか日常に関する会話が出てきます。いろいろ考えさせられました。



★障害者について触れることは難しい

障害者問題について触れることは難しいです。実際に周囲にいても掛ける言葉は見つかりません。余計な事を言うよりは、何も言わない方がいい。しかし、高齢者の認知症は完全に障害者ですし、事故や病気によって、身体障害、精神障害知的障害は後天的にも引き起こされうるものです。繊細な問題ですが、身近なものになりうるという問題意識をもって少し自分の考えを見つめておきたいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...