Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ショーペンハウアーじいさん(8)生命は運動にある

たまに昔の本を読む
その中で、心に引っ掛かった文章だけを抜粋する
ショーペンハウアーじいさん、ドイツの哲学者、仮定生存年齢236歳(1788年生)

「幸福について―人生論―」新潮文庫
―――
【生命は運動にある】とアリストテレースは言っているが、明らかにそのとおりである。したがって肉体的な生命が、もっぱら不断の運動をその本質とし、不断の運動によってのみ存立すると同様に、内面的・精神的な生命も絶えず仕事を求めている。行為か思考かによって或る仕事に従事することを求めている。
―――
することがなくてぼんやりしているときに、手があるいは何かの道具でこつこつ叩くような動作をするのも、その一つの証拠である。
―――
つまり、われわれの生活は本質的に休むことを知らない生活なのだ。だから少しも活動せずにいれば、何よりも恐ろしい退屈に見舞われ、じきにとても我慢ができなくなる。
―――
http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=m.iz0wUXyLGDslD.5kP_F1g5dpfqN43Ol.VvFuzuoZZdZszIBPk3JT1uuzigIFYY2_GtYZjBqNSOcyA0zXkSHhkYjWGEjxHjNygqqdA8sQgZnBILZj0YkGvQ3yStfsaYbQkY7rCGXqaLVI2gE5t1&sig=13a2tmfe4&x=131&y=170

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...