Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

『年金制度』誕生時期

 

 

 

✪年金制度について

年金――by wikipedia――より以下の文章は全て抜粋したものです。
■■■
1959年(昭和34年)11月1日施行の「国民年金法」においては、「養老年金」は、一定の年齢に達した者の中で、一定の所得以下の者に限定して支給するものであった。その財源は国庫から賄われた。

 

1961年(昭和36年4月から国民年金法の適用(保険料の徴収)が開始され、国民皆年金制度が確立された。その後、1985年(昭和60年)の年金制度改正により、基礎年金制度が導入され、現在の年金制度の骨格ができた。

 

産業構造が変化し、都市化、核家族化が進行してきた日本では、従来のように家族内の「私的扶養」により高齢となった親の生活を支えることは困難となり、社会全体で高齢者を支える「社会的扶養」が必要不可欠となっており、公的年金制度は、安心・自立して老後を暮らせるための社会的な仕組みを目指して導入されたが、近年の少子化、財政危機の中において、逆に国民の不安を助長する仕組みになりつつある。

 

日本で最も古い年金は、軍人への恩給であり、1875年(明治8年)に「陸軍武官傷痍扶助及ヒ死亡ノ者祭粢並ニ其家族扶助概則」と「海軍退隠令」、翌1876年(明治9年)に「陸軍恩給令」が公布された。その後、公務員を対象に別々に作られた恩給制度を一本にまとめ、1923年(大正12年)に「恩給法」が制定された[要出典]。
日本初の企業年金は鐘淵紡績(クラシエブランドやカネボウ化粧品などの源流となる、後年カネボウとして知られた紡績会社)の経営者、武藤山治がドイツ鉄鋼メーカの従業員向け福利厚生の小冊子を1904年(明治37年)に入手し、研究後翌年1905年(明治38年)に始め、その後三井物産なども始めた。
民間労働者の年金は、1939年(昭和14年)に船員保険の年金保険が公布され、そして厚生省の設置や国民健康保険法の制定など社会保障政策を進めいていた当時の近衛内閣で厚生省官僚だった花澤武夫らによりナチス・ドイツの年金制度を範として労働者年金保険法(1944年(昭和19年)に適用対象を拡大し、「厚生年金保険」に改称)を1941年3月11日に公布、1942年(昭和17年)6月に施行した。

 

導入の際には戦時中ということで大蔵省及び大日本帝国陸軍から反対があったものの、支払いは数十年先のことであり、当面は戦費調達を目的として日本の国民皆年金制度は始まった。

 

戦後は、1958年(昭和33年)に国会議員互助年金、1959年(昭和34年)に「国民年金」というように職域ごとに年金制度が制定されていった。産業構造の変化等により財政基盤が不安定になったことや加入している制度により給付と負担の両面で不公平が生じていたことから、1984年(昭和59年)、職域集団ごとに分立していた制度を見直し、全国民共通の基礎年金制度を導入する大改正を行うことが閣議決定され、1985年(昭和60年)に実施された。

 

1997年(平成9年)には旧三公社(JR、NTT、JT)の共済年金、2002年(平成14年)には農林共済が厚生年金へ統合された。―――

――強制加入の年金保険は世界で初めてドイツ帝国初代首相オットー・フォン・ビスマルクが始めたとされる。―――
――公的年金において保険制度ではなく税方式を取っている国としてはニュージーランドがある。―――
■■■■■

 

 

✪日本の人口変遷について

『よくわかる日本の人口 - 第一生命保険』~総合研究部資料より参照
 ↓↓↓
1900年 4385万人
1925年 5974万人
1950年 8320万人
1975年 1億1194万人


■■■
✪日本の人口統計 -by Wikipedia-より以下の文章は全て抜粋したものです。
 ↓
2014年の人口推計によると、日本の総人口は1億2729万8千人(2013年10月1日時点の推計) ―――
日本初の戸口調査は紀元前の崇神天皇時代に行われたとされる。7世紀には全国戸籍「庚午年籍」や「庚寅年籍」が作成され、この制度は平安時代初期まで続いていた。――
江戸時代に入ると宗門人別改帳制度が成立した。しかし本格的な全国人口調査が始まったのは18世紀の徳川吉宗時代からである。 ―――
日本における国勢調査は、1920年大正9年)に第1回国勢調査が実施された。2010年(平成22年)に実施された平成22年国勢調査で第19回目の調査となる。―――

 

現代の歴史人口学研究者の推定では、日本の人口は8世紀には450~650万人。1000万人を越えたのは中世後期、早くとも15世紀以降と考えられている。江戸時代前半の17世紀に急増し、18世紀から19世紀は3000万人前後で安定化した。
―――
■■■■■■■■■■■

 

✪まとめ
少子化は全く問題ない、人口が今まで増えすぎただけだ。

高齢化について、年金と介護と医療費制度に大きな社会的不備がある。
少子化には全く問題ない。

人口は適正値に戻っているだけだ。

 

なぜ、新聞やテレビは歴史を踏まえない歪んだ情報を流すのだろうか。

年金制度は1961年開始だから始まって、まだ53年の歴史しかない。

驚いた。こんなに歴史が浅いのか。

[2014年現在]。

それ以前には、限定的にしか存在していなかった。

 

高齢化に問題があるなら、厚生年金・共済年金支給額を大幅に減額すればいい。年金受領額が少ない老人のことを対象に言っているのではない。

 

実際に、貰いすぎている老人は実在しているし、そういった老人は労働せずに、無職であっても、サービス残業、サービス出勤といった長時間労働に耐えている若年労働者の年収よりも多額の金額を受領している事実は否定できない。


以下の記事の年金問題についての改善案は、素晴らしい・面白いと感じています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...